家計簿と貯金のコツ

基本的に文章でも話すときでも
前置き(事前の言い訳と保険)が長いことに気づいた31歳勤続3年地方正社員です。
貯金があるわけでもないのに
こんな記事を書くのは勇気がいりますが
(この部分が言い訳と保険)
最近見えてきた家計簿のコツ、
それは
支出をコントロールすること!!!
あったりまえなんですが、
重視すべきは貯蓄額ではなく、支出額です。
とくに、私のようなあったらあるだけ使うタイプ。
貯めるのは苦手だけど使うことは得意なタイプには1番効果的です。
2年前から、きっちり家計簿をつけてきて
最近まで全く役立てておらず、機能していませんでした。
詳細を分けると、
2014年1月〜2015年8月:実家暮らしでのほほん期
2015年9月〜2016年6月:一人暮らしでのほほん期
2016年7月〜今 : 家計簿が効き始める期!
となっています。
どうして家計簿を役立てられなかったのか、
その理由は
貯金額ばかりを追っていて、支出に目を向けていなかったから。
いくら貯金できたか、を血眼で見つめて、
何にいくらかかったのか、
今月はいくらで生活できたのかが、全くわかっていなかったのです。
気づくのが遅すぎた感もありますが、
ここに気が付いたからこそ!
来年はきっと散財月=クレカのポイント5倍♪誕生月
に、過剰なお買い物をしなくて済みそうです。
貯蓄っていうのは、支出の結果なんだよなぁ。
それを逆手にとったのが『先取り貯金』であって、
今やそれが当たり前のド定番になっているので
私の頭には支出あっての、というのが抜けていたんですね。
今までたくさんの貯蓄本を読んだり、節約関係の情報を見てきましたが
貯金と家計簿で大切なのは支出のコントロールである、
ということを教えてくれたのは
家計簿ブロガーの方々です。
それも、ただただそのことを実践して伝えてくれていた。
貯金は一つの目標にもなるけれど
その目標を達成するには支出という武器を上手に使わなくちゃ手に入らない。
そして貯金もいつか使わなくちゃ意味がない!
まだまだ貯金を使う段階には達していませんが、
武器を知った大きな一歩なのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました