令和2年度予算案、過去最大で閣議決定(新型コロナウイルス対策費は0円)

今日は政治の話でわたしたちの話をします。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの対策予算について

今日、WHOが世界規模で大流行する危険度を最高レベルの「非常に高い」に引き上げた新型コロナウイルス対策予算について、2020年2月28日時点の情報をまとめてみました。

今年度の各国の状況

単位:円

日本中国台湾香港韓国
新型肺炎
対策費用
150億1兆500億2000億3500億1兆3700億
人口一人
当たり
1217809,50050,00028,500
感染者数
(死亡者数)
210名
(4名)
78,824名
(2,788名)
32名
(1名)
93名
(2名)
2022名
(13名)

感染者数と死亡者数は厚生労働省発表の「新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年2月28日版)」より
国内の感染者数にはクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」乗船の感染者を含んでいません。
報道によると、クルーズ船の感染者数を含むと感染者は938名、死亡者は11名です。

日本が新型コロナウイルスのために投じた費用は150億円でした。
人口一人当たりに換算すると121円です。
お茶を1本ずつ配ってくれたくらいの金額ですね。
今年度の予算案で、私たちの住んでいる日本の防衛費は、5兆2574億円でした。
人口一人当たりに換算すると42,000円です。
これは5年連続で過去最大ですが、それでも日本は空母や戦闘機といった武器の購入のためにアメリカに巨額の借金をしました。
そして在日米軍駐留経費の日本側負担は1987億円です。これは平成30年度より10億円も多い予算でした。

今日衆議院で可決された令和2年度予算案の中に、新型コロナウイルスの対策費は0円でした

防衛費はまたも過去最大の5兆3113億円でした。
予算案の中の新型コロナウイルス対策費は0円でした。
なお、私には全くの不要不急と思えるマイナンバーカードのポイント還元事業には2478億円が充てられています。
新型コロナウイルスの対策費は0円でした。
新型コロナウイルスの対策費は0円でした。
防衛費に毎年5兆円を超える日本史上例のない巨額を注ぎ込んで
「有事の際に国を守る」と言いながら、いざ有事の際には「全国一斉休校」などと
関係各所に通達もせず、テレビでのたまう総理。
こいつまじでいる???必要あんのかな。
休校そのものには意味があるけど、説明もせず、生じる影響も考えず、子どもたちの受け皿も用意せず、
この国にパニックを起こしているのはあなたです、総理。
なお、予算案は野党の反対を無視して閣議決定したものの、
さすがにこれは国際的な信用を益々失うよと誰かに教えてもらったのか(私の推論)
野党に協力を仰ぎ、補正予算を検討するそうです。
税負担で死にそう

国民の所得に占める税金や社会保険料などの負担の割合は、新年度44.6%で過去最高

北欧諸国みたいな手厚い社会保障もないのに税負担で死にそう。
せっせと働いたお金の約半分は国に吸い取られ、そして武器になるってよ。

今の政権はおうんこ

これ以上何も言うことがないほど私の政治的姿勢はこの通りです。
政治のことって、声を大にして言って得しないんだよね。
そう言うのあんまり人に言うのどうなのみたいな空気。自分のことなのに。
何も言わない、主張しないことが賢いみたいな空気の結果が現状。
「でも安倍さん以外にできる人って今の日本にいる?」って
言い出す人が必ずいるんですが、
日本語の受け答えができる政治家なら誰でももっとまともにやるわって答えてる。
(実際はもう少しオブラートに包んだ表現で返しています。)
こちらからは以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました