2021年水道光熱費まとめ

𓁿年間の家計簿

こんにちは、お金を貯めるくまです。

せっせと書いた記事が下書きに保存されていませんでした。悲しい。

ここは気を取り直して、今日判明したばかりの夫婦二人暮らしにかかった1年の水道光熱費をババンとまとめます!

スポンサーリンク

2021年の水道光熱費

ババン!

費目2021年2020年差額
電気45,219 38,138 7,081円増
ガス84,742 81,540 3,202円増
水道47,287 41,566 5,721円増
年間の合計¥177,248-¥161,244-16,004円増

年間の合計が177,248円月平均14,771円という結果になりました〜

今年は7月からアストでんきに乗り換えるなど、ライフラインでも固定費の見直しに取り組みました。

でも昨年と比べて3つ全ての費目で増加しています…なぜ。

月毎の比較を見てみますと、なるほど。全体的に高くなっていますね。

暮らしぶりを大きく変えたつもりはないけれど、少し気が大きくなっとったんじゃろうか。
頻繁な掃除で水道代は上がりそうだなと思ってはいた。
あとは基本的な値上がりがあったと考えてもいいかもしれません(知らんのよ)。

まぁ深く考えても仕方ないので!無駄をしないように厳しく気を配り、必要なことにはお金をかける。そうやって暮らしたいと思います。

具体的には

  • お風呂は続けて入る
  • 電気はこまめに消す
  • 冷蔵庫を開ける用事はまとめる
  • 水道を出し過ぎない

と、こんな感じでしょうか。

無駄は削りたいけど、辛い思いをしてまで削るところじゃない!

家計簿ブログをしていてそんな結論でええんかと思うけれど、節約生活を謳っているわけではないし、そして十分節約もしている気でいるし、いいでしょう。

来年の予算

わが家の水道光熱費は、使用額にかかわらず同じ額を積み立てています。

隔月請求の水道代とか、夏場のエアコンとか、水道光熱費は月によって請求金額が大きく変わるから、なるべく家計を安定させるためです。

2021年は夏季と冬季に分けて2通りの積み立て費を用意していました。冬場はガス代水道代ともにどうしても高くなるので。
2022年も同じように2通りの金額で予算を組み立てます。
今年の実績からこんな感じにしようかと。
細かくは様子を見ながら変えよう。あくまで目安。

2022年水道光熱費積み立て額
冬季(1月〜4月17,000円
夏季(5月〜12月)14,000円

2022年も地球と自分に優しく生きる〜✧ ٩(๑•̀o•́๑)و

\水道光熱費の年間まとめ考察おわり!/

最後までお読みいただきありがとうございます。
読んだよーの合図にポチッとしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  

𓁿年間の家計簿
スポンサーリンク
家計簿と日々

コメント

タイトルとURLをコピーしました