【DIY】ダイニングテーブルのお手入れ(やすりがけ編)

☞ 暮らしのいろいろ

こんにちは、お金を貯めるくまです。

ブログに全然書いていなかったのだけど、
わが家にはDIYした家具がいくつかあります。

本棚、食器棚、ダイニングテーブル、レコード収納ラックなど。

どれも既製品では希望のサイズがなかったり
予算が合わなかったりという理由でDIYすることを選びました。

スポンサーリンク

ダイニングテーブル、天板に謎のしみ

使い始めて1年頃でしょうか。
なんの汚れともわからない謎のシミが出現!

楢の木の木目が好きで、
その風合いを最大限に活かしたくて着色のないオイル仕上げにしていました。
オイル仕上げは日々の布巾掛けなどでも取れやすく
汚れやすいことはわかっていたのですが、
ヤスリをかけてオイルを塗り直すのが面倒で面倒で。

見ないふりをして早2年。

前記事の写真を撮っている時のこと
どうにかシミが写らないように苦心する自分に
我ながら呆れてしまった。

隠して見栄を張るくらいなら
きれいにしましょうよ。
心の声に追い立てられて
よし今日やろう、と思い立ったが金曜6時。

ヤスリがけ

使うヤスリは120番と400番。
120番が目の大きい粗目で400番は中細目くらいかしら。

DIYは必要に応じてやったっきり趣味にしなかったので
ヤスリの目のこともよくわからねど、

作った頃の私が買い置いたものなら
適したものなんでしょう。

というわけでエンヤコラ。

木目に沿って、できるだけ大きく腕を動かせば、
思い起こされるのはソーラン節。
漁師になった気持ちでエンヤコラ。

シミの部分は重点的にヤスリ掛け。

その小一時間後、後片付けまで終えまして
今日のメンテナンスは完了です!

閲覧注意のビフォアアフター、
心の準備はよろしくて???

Before

After

ぜ〜んぶきれいになりました!

途中、木目と垂直にヤスリを動かして
変な傷を作ってしまったため
その小傷の修復に時間をとられたのですが
要領を掴めば今日の半分くらいは時間短縮できそう。

本当はオイル塗布までして完成ですが、
この作業は換気必須のため明日の昼にでもします。

オイル塗装を終えたら、またご報告しますね。

ワトコオイルーW-01 200ML-ナチュラル

ナチュラル仕上げのオイルはこれ

二人用ダイニングテーブルのスペックとDIY製作費あれこれ

大きなものは置けないけどカフェテーブルでは小さすぎるし、
あまりに安っぽいのも嫌だし、
天板はしっかり厚みのある
ダイニングテーブル然としたテーブルが欲しい

というワガママを自分で叶えるため、
こんなスペックになりました。

高さ74.5㎝(脚72㎝/天板の厚み2.5㎝)
横78㎝、縦67㎝

そして肝心の製作費なんですが、この頃の家計簿(手書き)を見返すと
DIY費用として一括りになっていて、一部詳細が追えませんでした(;^_^A

・天板(カット込み)14,670
・テーブル脚(カット込み)ざっくり10,000?
・耐水ペーパー(ヤスリ) 131
・ワトコオイル 1,260

合計 26,151円

マルトク ナラ集成材(サイズ:25×700×1000mm) 25×700×1000mm s002 1枚

厚み3㎝にしたかったけど高くて断念。結果ちょうどよかった
アイアン脚、カフェテーブル脚、ハイカウンター脚、ダイニングテーブル用鉄脚やベンチ用アイアン脚を美しいデザイン金物
アイアン脚、カフェテーブル脚、ハイカウンター脚、ダイニングテーブル用鉄脚やベンチ用アイアン脚を美しいデザイン金物をオーダーサイズで製作しています。

テーブル脚はこちらのB400。

上記の他インパクトドライバー(9,479-)も買っています。あとネジも。
ドライバーはホームセンターの貸し出しサービス(有料)もあるので、
買う必要はないと思い、上では計上しませんでした。

はい、DIYしても全然安くなってません。

それでも二人にぴったりのサイズ、大好きな楢の木目、
どっしりとした天板の厚みにアイアンの脚。
今使いたい理想のテーブルを手に入れることができたので大満足です。

ちなみに作ったのは私一人で1日でできました。

使い始めて3年超。
サイズが小さいことと分厚い集成材を使用したため
経年による反りやたわみは見られません。

今後も仲良くしていきたい可愛いうちの子です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました