今月のこり8500円。家計簿中締め的イベント「お財布の中身おまとめしました」

☞ お金のいろいろ

こんにちは、お金を貯めるくまです。
最近本懐を忘れたかのような記事が続いていましたが、ここは家計簿ブログですよ。

スポンサーリンク

家計簿中締め的イベント『お財布の中身おまとめしました』とは?

早くも5月の2/3が過ぎました。ううん、嘘ついた。全然早くない。
13日くらいから月末のような気持ちでいるから、日が経つのが遅くて遅くて…
早く家計簿締めさせろー!!!という気持ちです。

わが家の現金管理方法では、かの有名な袋分けシステムを導入しています。

その一方で、家計簿にはNumbersといういわばAppleのExcelを使っています。

で、月も半ばになると、何用のお金がいくら残ってて、
デビットカード引き落とし口座には何用のお金をいくらプールしてんだが
こんがらがってわからなくなります。(おいおい)

お金には色が付いてないのがよいところ、なんて言われます通り、
お金は用途を限らず何にでも使えるからね。
そう、袋分けの垣根を越えて。

というわけで、おわかりいただけたでしょうか。

袋分けの垣根を越えてわっちゃっちゃしている
お金たちをひとところに集めまして、
家計簿データ上の合計残額を照らし合わせるイベントが
『お財布の中身おまとめしました』なのです!!!

今月のおまとめの結果は…

パンパカパーン!
手元の現金と家計簿データ上の金額の誤差、わずか数百円!
これはもうぴったり合ったと言っていいでしょう。うんうん、いいよいいよ。

お財布の中身おまとめしました

今月使えるお金はあと8,500円でした。
これで食料品の買い出し2回と歯医者が1回賄えたらよし。
できたら合わせて6000円くらいに収められたら、なおよし!

ま、家計簿はちゃんとつけられたけど、支出は予定より大きくオーバーしちゃってんだけどね。

それでも不明金が出てないから良し。

住信SBI銀行の目的別口座がおまとめに便利だった話

前述の「デビットカード引き落とし口座には何用のお金をいくらプールしてんだが
こんがらがってわからなくなります」問題
を解決するのに、
住信SBI銀行の目的別口座がとても便利でした。

目的別口座というのは、円普通口座の中に架空の口座を5つ作ってお金をよけておける
という機能です。

私は現在「投資つみたて用」「おこづかい用」「フードプロセッサー貯金」に分けて使っています。

住信SBI銀行の目的別口座
投資つみたて用のお金は目標金額に達したらSBIハイブリッド口座にうつす予定。

デビットカードの引き落としは「円普通口座」にあるお金からしか引かれません。
そのため、例えば「おこづかい」で買い物するには、
会計前に「おこづかい」から「円普通口座」への振替が必要です◎
実際にスマホのアプリで振替したところ、ススンって簡単にできました。
わたしはこの方法採用決定です!

ちなみに残高確認ページでは上画像の「円普通」+目的別口座3つ分の合計金額で表示されます。

目的別口座 | 商品・サービス | NEOBANK 住信SBIネット銀行
目的別口座によって、住信SBIネット銀行では最大10個まで代表口座とは別に口座を持つことができます。ご利用手数料は無料です。目的に合わせて資産管理が可能なので、資産設計に大変便利です。

おわりに

今月も末日が待ち遠しいです〜。
あと10日はやく過ぎないかな。
もうひと踏ん張りがんばりましょう〜!

やー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました