クレジットカードが使えなくなりました(途上与信に落ちて利用停止になった話)

☞ お金のいろいろ

おはようございます。お金を貯めるくま🐻です。
正直ブログでは黙っててもばれないなんて思いましたけど、

クレジットカードが使えなくなりました。どっかーん

<私の持ってる(た)クレジットカード>
・アプラス TSUTAYAカード(JCB)
・ライフカード(VISA)
・楽天カード

スポンサーリンク

ライフカードの中間審査(途上与信)で落ちた話

ある日コンビニでペイペイを使おうとしたら、使えなくなっており、ペイペイ側の不調かなと思ったのですが、
家に帰るとライフカードから郵便が届いていて、
「中間審査の結果申し訳ないけども利用停止にしたからね」というようなことが書いてありました。
(その郵便はショックのあまり捨ててしまったんですけども)

困る。ライフカードメインにしてたから、めっちゃ困る。

一応電話して聞いてみたところ、

・審査の詳細については言えない(私たちも知らない)
・審査は不定期に行っている
・今後の審査結果次第で利用停止を解除することもある
・再開は早くても半年以降

とのことでした。

信用にがついたことはショックですが、こうなっちゃったら仕方がねえっす。

クレジットカード利用停止の心当たり

利用停止にまでなってるんですから、心当たりがないわけないのさ。

前提として、私は家計簿ブログなんて嬉々として書いていますが、本質は享楽主義の浪費家です。

心当たり1:支払いの延滞
ここ最近はなかったですけども、昔はちょいちょい引き落とし口座にお金がないってことがありました。そういえば。

心当たり2:支払いで、ごねた。
こっちが有力だと思う。
見覚えのない請求があったらさ、みんなもそうすると思うんじゃけどさ、見覚えのない請求ですって電話したんよ。
1.5万円くらいだったかな。シンガポールからさ、請求があったわけ。
そのときのメインカードは楽天カードだったんですけども。

で、本当にわからなくて消費者センターに電話したり法律相談のアポとってみたり(結局行かんかったけど)行動して、
何回か楽天カードの人とやり合った挙句、(くまの人はアグレッシブタイプ)
けっこう経ってからagodaからメールが届きました。

「支払ってもらえなきゃ困っちゃうぞぷんぷん」
みたいな英語のメールが。
大阪だったか福岡だったか旅行した時の支払いだったんですけど、
おいおい犯人はお前かと。
なんでシンガポール経由して請求してくるんかい、と。
その旨返信しましたよ。日本語で。したら「え?そうだった?ごめーん」みたいな英語のメールきた。

で、楽天カードにめっちゃ恥ずかしかったけども「すみません、私の支払いでした」と連絡しまして、この話は終わりました。

でもやり合っちゃってる最中で楽天カード信用ならん!つって解約手続きまで進んだの。
なんかね、支払いは私の勘違いで本当に申し訳なかったけども、
その最中のやりとりで信頼損ねちゃったんだよ。お互い様だけど。

そういうわけでこれが1年くらい前の話ですけども、
今回のライフカードの途上与信に響いてんじゃないかなと思う次第であります。

途上与信てナニ?って方はここに詳しいんでみてください。
「クレジットカードの途上与信(中間審査)とは!?審査の秘密を大公開」

心当たり3:住所変更してなかった
今唐突に思い出したんですけども、ツタヤのクレジットカード、いまだに住所変更も名義変更もせず、
引落口座が1円も入ってない地元の地銀なんですけど、それもよくなかったのか?

デビットカードつかってます

・アプラス TSUTAYAカード(JCB)→引落口座が結婚前の地銀
・ライフカード(VISA)→利用停止中
・楽天カード

あれ、使えるカードがないじゃんじゃん。
というわけで、
住信SBIネット銀行ミライのデビットにワイモバイルの引落/Amazon等買い物サイトの支払い登録を変更しました。
mirainocard

いま見てみたら、ミライのデビットもライフカードとの提携なんですね。
まさか誘導じゃないよね。ないない。

デビットカードとは銀行口座と連携?していて使用したら即時引落が行われるカードです。

おわりに

デビットカードになって不便なところもあるにはありますが、
会計処理は単純ですけん、慣れれば問題ないでしょう。
ETCカードがないのは困るけど、この連休に帰省がなくなったので、
もしかしたら年末までにライフカード復活するかもしれんし。
とりあえずETC問題は置いとこう。

積立NISAやらiDeCoに手を出して、さらに自作した家計簿が順調で、わたし生まれ変わっちゃった?
て思ってたけど、そんなことなかったわ。

これが誰かの役に立つことを願って。

クレジットカードは適正利用!(住所や名義の変更も速やかに)

コメント

タイトルとURLをコピーしました